デヂエ
 
グループウェアへ  
 
 
(ルートフォルダ) > 大学規則集(学外用)
大学規則集(学外用) 
先頭へ | << 前へ | 次へ >> | 末尾へ  

第8編 学務及び厚生補導
第2章 学生支援
タイトル 九州工業大学における日本学生支援機構大学院第一種奨学金の返還免除候補者選考に関する規程
本文
      ○九州工業大学における日本学生支援機構大学院第一種奨学金の
       返還免除候補者選考に関する規程

                               平成17年3月2日
                                九工大規程第6号

                  改正 平成20年4月 1日九工大規程第11号
                     平成28年3月30日九工大規程第18号
                     平成31年2月27日九工大規程第 5号

   九州工業大学における日本学生支援機構大学院第一種奨学金の返還免除候補者
   選考に関する規程

  (目的)
第1条 この規程は、独立行政法人日本学生支援機構施行令(平成16年政令第2号。以
 下「施行令」という。)第8条、独立行政法人日本学生支援機構に関する省令(平成16
 年文部科学省令第23号。以下「省令」という。)第35条及び独立行政法人日本学生支
 援機構(以下「日本学生支援機構」という。)が定める奨学規程(以下「奨学規程」とい
 う。)第47条に基づき、九州工業大学(以下「本学」という。)における日本学生支援 
 機構の大学院第一種奨学金の返還免除候補者(以下「返還免除候補者」という。)の選考
 に関し、必要な事項を定めることを目的とする。
 (学内選考委員会)
第2条 施行令第8条第2項及び省令第35条に規定する学内選考委員会については、教
 育研究評議会をもって充てる。
2 教育研究評議会の審議に際し、あらかじめ学生委員会において予備選考を行うものと
 する。
 (選考の対象者)
第3条 選考の対象者は、本学大学院において第一種奨学金の貸与を受けた学生であって、
 在学中に特に優れた業績を挙げた者とする。
2 採用時返還免除内定候補者の選考の対象者は、博士後期課程1年次に入学し、第一種
 奨学生として採用された者とする。
 (出願)
第4条 大学院第一種奨学金の返還免除を受けようとする者は、日本学生支援機構が定め
 る所定の書類を作成し、所属する学府長又は研究科長(以下「学府長等」という。)を経
 て学長に願い出なければならない。
2 各学府長等は、前項の願出を受理したときは審査の上推薦順位を付して、学長に推薦
 するものとする。
 (選考方法)
第5条 選考方法は、本学大学院における教育研究活動等に関する業績及び専攻分野に関
 連した学外における教育研究活動等に関する業績について、別表に定める評価基準によ
 り総合評価するものとする。
2 前項により総合評価した返還免除候補者に順位を付すものとする。
3 採用時返還免除内定候補者の選考方法は、前項別表に定める評価基準を十分に達成す
 る見込みのある者を対象とし、次に掲げる評価基準により総合評価するものとする。
 (1) 博士後期課程の入試結果
 (2) 博士前期課程の成績
 (3) 博士前期課程の府長又は研究科長からの推薦等
4 前項により総合評価した返還免除候補者に順位を付すものとする。
 (雑則)
第6条 この規程の実施に関し必要な事項は、別に定める。

   附 則
1 この規程は、平成17年3月2日から施行する。
2 第3条に定める選考の対象者は、平成16年度以降の大学院第一種奨学金採用者で貸
 与が終了する者とする。
   附 則
 この規程は,平成20年4月1日から施行する。
   附 則
 この規程は,平成28年4月1日から施行する。
   附 則
 この規程は,平成31年2月27日から施行する。

添付ファイル1 19_02_27_別表.doc (application/msword)
添付ファイル2
添付ファイル3
添付ファイル4
添付ファイル5

先頭へ | << 前へ | 次へ >> | 末尾へ  

レコード一覧へ