デヂエ
 
グループウェアへ ホーム 
 
ヘルプ  
(ルートフォルダ) > 飯塚キャンパス > 留学・国際関連
留学・国際関連 メモを隠す
留学・語学学習に関する支援情報です。         

■掲示内容に関する問い合わせ先
   情報工学部 国際担当
      TEL: 0948-29-7879
       E-meil: jho-kokusai@jimu.kyutech.ac.jp
 
先頭へ | << 前へ | 次へ >> | 末尾へ  

タイトル 中国における新型コロナウィルス関連肺炎の発生について
担当部署 情工・学生係
内容
 【教職員・学生各位】
 
 中国湖北省武漢市においては、昨年末から新型コロナウィルス関連肺炎の発生が複数報告されており、中国政府の発表によれば、1月22日時点で感染者は440名(うち死
亡9例)に上ると報告されています。また、中国国外への感染の拡大もみられ、これまでに日本、タイ、韓国、アメリカ、及び台湾でも感染例が複数確認されるなど、世界
的な感染の拡大が懸念されます。
 このような状況を受け、外務省海外安全ホームページでは、武漢市における感染症危険レベルを「2:不要不急の渡航は止めてください」に引き上げたとのことです。
中国における感染症危険レベルは「1:十分注意してください(感染がさらに拡大する可能性があるので、最新情報を入手し、感染予防に努めてください)」に引き上げられました。
 ついては、これから海外へ渡航・滞在する予定のある教職員及び学生は、下記の注意事項をよく読み、十分な予防策を講じるようにしてください。また、関係教職員にお
かれましては、海外へ渡航及び滞在予定のある学生にご周知いただきますようお願いします。
 
 
【発生状況】
1月22日時点でのWHOおよび各国当局からの発表によれば、中国、日本、タイ、韓国、アメリカ及び台湾で次のとおり報告されています。
〇中国:440例(うち死亡9例)
〇日本:1例(中国からの輸入症例)
〇タイ:4例(同上)
〇韓国:1例(同上)
〇アメリカ:1例(同上)
〇台湾:1例(同上)
 
なお、WHOや国立感染症研究所のリスク評価によると、今回の新型コロナウィルス関連肺炎は、家族間などの限定的なヒトからヒトへの感染の可能性を否定できない事例が
報告されているものの、現時点でヒトからヒトへの持続的な感染の明らかな証拠はありません。
 
 
【ポイント】
〇渡航にあたっては、以下のリンクを参照して、最新情報の収集に努めてください。
 
外務省海外安全ホームページ(感染症スポット情報):
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_009.html#ad-image-0
 
厚生労働省ホームページ:
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
 
国立感染症研究所ホームページ:
https://www.niid.go.jp/niid/ja/from-idsc/2482-corona/9305-corona.html
 
〇風邪やインフルエンザが多い時期であることを踏まえて、通常の感染予防策を講じるようにしてください。特に、石鹸を使用した手洗いの励行や、抵抗力を落とさないた
めの注意(過度の飲食や睡眠不足を避け、規則正しい生活を心掛けること)に努めてください。また、できる限り人混みを避ける、必要に応じてマスクを着用する(ウィル
スを完全に遮断する効果はなくても、汚れた手で口や鼻に触れることを防ぐことが可能)など、十分に気を付けてください。
 
○帰国後に咳や発熱等の症状がある場合は、周囲への感染を防ぐためにマスクを着用してください。また、事前に医療機関へ連絡した上で、速やかに医師の診察を受けるよ
うにしてください。
 
〇渡航にあたっては、必ず「たびレジ」に登録するようにしてください。なお、滞在期間が3ヵ月以上に亘る場合は、在留届を提出してください。
日付 2020年1月23日
添付資料(1)
添付資料(2)
添付資料(3)
添付資料(4)

先頭へ | << 前へ | 次へ >> | 末尾へ  

レコード一覧へ